発達障害だっていいじゃない  ~カサンドラに花束を~

発達障害(自閉症スペクトラム)ADHD LD カサンドラ症候群 でも大丈夫!

寝てしまう発達障害児を覚醒させる方法

息子たちは信じられない場面で寝てしまう。車に乗れば1分以内、入学式や卒業式はもちろん、登校初日の電車は終点まで。市役所での自分のことを相談している時、不動産の契約時、クラスメイトのお葬式中。スーパーでの買い物中歩きながら。コロナワクチンを受ける前などは兄弟全滅。あらゆる場面で寝てしまう。恥ずかしくて他人のフリをしたくなったことなど数えきれない程ある。この現象が我が息子達だけでないことを祈りたい。

 

f:id:SMMS:20210930232532j:plain

ストラテラコンサータ―などの薬も多少は効果があるが、あくまでも多少であって、寝るという言葉では言い表せないくらいの意識の飛び方だ。夜きちんと質の良い眠りがとれてないのではないか?グリシンが足りないのではないか?現実をシャットアウトする逃避行動なのだろうか?

 

でも最近気が付いた。緊張しないように出来るだけ練習をする。予想される場面をできる限り説明しておく。一緒に何度でも行く練習をする。そしてその大事な場面では一人で行かせる。あえて付いて行かない。依存されてしまうのだ。寝ずにやり終えたときはたくさん褒める。馬鹿みたいに大げさに褒める。そして成功経験を積ませるほかに方法はない。もし寝てしまっても特に人に迷惑をかけていないのだから落ち込まずに長い目で考えよう。

 

入学式・卒業式・不動産の契約などはたまにしか無いし、お葬式の時はタイミングを見て出かければよい。

 

市役所の相談の時は内容などを前もって家で準備し、自分だけで相談に行かせる。

 

スーパーにはお使いを頼んだり、自分の好きな洋服を買いに行かせたりすれば絶対に寝ない。道に迷う可能性は高いが、それだって最近便利なスマホがある。

 

逆にテストの時は十分な準備をして実力をつけていれば寝たことは一度もない。興味のある科目は天才的な力を発揮する。

 

電車に乗ったら必ず携帯のタイマーをかけておく。

 

自動車は命がいくつあっても足りないから免許は取らない。助手席で寝ていても他人に迷惑をかけはしまい。

 

「準備と練習をする事と、私が傍に居ない事」しかできないのかもしれない。してあげられることが傍に居ない事なんて皮肉な事だけど普通ならもっと早くに成長してしまうのだから、発達障害の息子達だからこそ長く子育てを楽しめると考えるとしよう。運が良ければ天才的才能が開花するかもしれない。

<前の記事を読む  >次のページを読む >トップページ